SAXスクール講師紹介

ジャズコース

大山 日出男

プロフィール

1956年、福岡県博多に生まれる。11歳のころよりクラリネットを始め、15歳でアルトサックスに転向。 東京芸術大学サキソフォン科を卒業後、ビッグバンドを中心に活動を開始。82年渡米。ニューヨークにてジャズの研鑽を積む。帰国後、原信夫とシャープス・アンド・フラッツのリードアルトとして活躍するがソロ活動に専心するため89年退団。数々の名プレイヤーと競演するかたわら自己のカルテットを率いて都内、横浜などのライブハウスで演奏する。92年ジャズヤトラ、95年コンコードジャズフェスティバルに参加。また97年から2001年にかけて7回の韓国ツアーを成功させる。98年『アーバン・スィート』、2000年『ワンス・アイ・ラブド』、2001年『アジアン・モダニズム』、2002年『シルバー・ロード』、2005年『ソウル・アイズ』、2007年『大山日出男カルテット』の6枚のリーダーアルバムをリリース。最近では自己のカルテットのほか、大山日出男セクステット、サックス本舗、高瀬龍一セクステット、マイク・プライス・ビッグバンド、原田イサムカルテット等でも演奏中。また古巣のシャープス・アンド・フラッツにも参加し、多くのステージをこなしている。

ベーシック ジャズ/クラブジャズコース

藤枝 伸介

プロフィール

CharlieParkerに衝撃を受け、18歳よりSAXを始める。2004年より国内外のフェス出演やプロデュースワークによりハウス/クロスオーバーシーンにおいて話題を呼んだi-depのSAX/フロントマンとして活動を重ねる。その柔軟かつエネルギッシュな感性に多く人が注目を集める中、2007年アンダーグラウンドダンスミュージックシーンの重鎮、井上薫氏との共同プロジェクトFusik(フュージック)を結成。プロデューサーとしてのキャリアをスタート。2009年6月3日、今迄に経験した全てのキャリアを集結し、自身の名を冠したソロ・プロジェクト「SINSUKE FUJIEDA GROUP / EVOLUTION」をリリース。2010年3月、Haiti震災チャリティイベント”LOVE&DANCE for Haiti in TOKYOにてJoiと共にDeepHouse界の重鎮JoeClaussellと共演、その際に手渡したソロ名義音源がJephteGuillaumeに絶賛される。(2010年夏、配信にてリリース予定)現在ダンスミュージックとインプロビゼーションの独自の融合を提示するSINSUKE FUJIEDA GROUP、音/音楽の境界線を提示するsound furniture、自身のルーツであるJAZZベースのサウンドをオリジナルで展開するHYPER HARMONYの三つのプロジェクトを同時進行させる一方、藤枝伸介 / SINSUKE FUJIEDAとして様々な分野、表現方法のアーティストと積極的にコラボレーションしている。

ベーシック クラシックコース

渡部 瞳

プロフィール

新潟県出身。 2001年武蔵野音楽大学卒業。 在学中、新潟県音楽コンクールにて優秀賞を受賞。 2005年東京ミュージック&メディアアーツ尚美ディプロマコース修了。 在学中、ディプロマ選抜フレッシュコンサートに出演。 第19回江戸川区新人演奏会に出演。 第19回練馬文化センター新人オーディションにて優秀賞を受賞。 内藤彰氏の指揮のもと東京ニューシティ管弦楽団とコンチェルトを共演。 第5回・第10回日本アンサンブルコンクール入選。 2008年初のソロリサイタルを開催。 サクソフォーンを栃尾克樹、林田和之、藤陵雅裕の各氏に室内楽を服部吉之・真理子夫妻に師事。 D-SAX、ルナソワール・サクソフォンカルテット ルーチェ・サクソフォーンカルテットメンバー。

ファンク&ソウルコース

藤野 美由紀

プロフィール

大阪府枚方市出身。1992年よりサックスを本格的に学び、企業に1年間勤めた後、音楽活動に専念する。土岐英史氏に師事。
自己のリーダーバンド「DUNK」を立ち上げ、2001年6月インディーズレーベルよりバンドのアルバム「DUNK!」をリリース。シーラEやプリンスのバンドでお馴染みのサックス奏者Eddeie.M 氏より大絶賛される。
2003年3月に拠点を東京に移す。2004年6月、クールスのジェームス藤木に認められ彼のバンドに参加。8月より石森管楽器のサックス講師に任命。サポートワークや各プロジェクトに参加し、2007年7月、ファーストソロアルバム「STAY FUNKY」をリリース。この「STAY FUNKY」という言葉はキャンディ・ダルファーから直々にもらった言葉。2008年6月、ジェムストーンミュージックの目に留まり全国展開される。同年11月には同じくジェムストーンミュージックより、バラードアルバム「Memories Story」をリリース。
自己のバンド「藤野美由紀 Funky Soul Line」を結成し、音楽活動を繰り広げる。2009年より俳優、あおい輝彦氏のコンサート・サポートメンバー。


FLUTEコースの講師

ベーシックコース

沢野 茜

プロフィール

12歳よりFlute始める。高校時代に石川県ユースオーケストラに参加。武蔵野音楽大学音楽学部器楽科フルート専攻卒業。東京ミュージック&メディアアーツ尚美ディプロマコース修了。武蔵野音楽大学在学時に、選抜により同大学管弦楽団、ウィンドアンサンブルにおいてピッコロ奏者を務める。金沢市管打楽器ソロコンテスト大学・一般の部、金賞。フルートコンベンションコンクール、アンサンブル部門2位(銀賞)ピッコロ部門入賞。浜松国際管楽器アカデミー、フィリップ・ピエルロクラス修了。ウィリアム・ベネットのマスタークラス受講。これまでにフルートを、村野元孝、高久進、神田寛明に、室内楽を白尾隆、高野成之、神田寛明、中川良平の各氏に師事。現在東京、金沢においてソロ・室内楽・オーケストラなどを中心に演奏活動を展開し、また後進の指導も行っている。

ジャズコース

Miya

プロフィール

高校時代にイギリス留学、現地の学生吹奏楽団に入団。そのころさまざまな民族音楽のワークショップに参加し、初めてジャズの生演奏を聴き興味を持つ。帰国後洗足学園音楽大学でジャズを専攻。在学中にジャズトリオ“シネマ”を結成、リーダーとしてプロ活動を始める。2004年、水谷浩章プロデュースによるデビュー・アルバム「Globe In Motion」を発表。山下洋輔や井上ゆかり、など多数のミュージシャンとセッションを重ねる。作曲、アレンジにも力を入れており弦楽四重奏との共演、ダンス、写真家とのコラボレーションなどジャズの枠にとらわれず、色々な形での即興音楽に取り組む。2007年「Miya’s Book Music For Seven Days」、2009年に3枚目の「ORIENTAL SUN」をリリース。

OCARINAコースの講師

ベーシック(個人/グループ)コース

みると

プロフィール

オカリナ従来のイメージにとらわれることのない独自のサウンドを確立。オカリナ本来の癒しの音色にもこだわりつつも、演奏にエフェクターを導入し、独自開発の特殊奏法を駆使するなど、楽器のさらなる可能性を追求し続ける若き名手。韓国、カンボジア等、海外でのコンサートツアーやTV出演等の活動をはじめ、国内では自身のFMラジオ番組「みるとオカリナワールド」(RADIOMAGICNEXT内)の全国放送、映画音楽や他アーティストへのレコーディング参加、みるとオカリナ教室の展開、そして自身の音楽活動のコンセプトである「平和」をテーマにしたコンサート企画「From One's Heart」を定期的に実施するなど多岐にわたる活動を展開中。

CLARINETコースの講師

ベーシックコース

若林 愛(COLORFUL)

プロフィール

12月18日生まれ・血液型A・出身 横浜
2008年洗足学園音楽大学音楽学部を優秀賞を受け卒業し卒業演奏会、ヤマハ管楽器新人演奏会に出演。2010年東京ミュージック&メディアアーツ尚美コンセルヴァトアールディプロマ科卒業。クラリネットを角田晃、伊藤寛隆の両氏に、室内楽を山根公男氏に師事。

COLORFULプロフィール

2008年 第五回クラリネットアンサンブルコンクール第一位。(日本クラリネット協会主催)ホール、ライブハウス、パーティー会場、イベントなど、年間70本を越える公演を行っています。クラシックだけでなく、ジャズ、ポップス、童謡など、幅広いレパートリーがあり、中学校・高校の吹奏楽部での出張レッスンも積極的に行っている。

ベーシックコース

澤目 未樹(COLORFUL)

プロフィール

5月13日生まれ・血液型A・出身 北海道
2008年洗足学園音楽大学音楽学部卒業。 2005年、WASBE (世界吹奏楽大会)においてIYWO(インターナショナル・ユース・ウィンドオーケストラ)に参加。クラリネットを三瓶佳紀、千葉直師、式部由姫の各氏に室内楽を山根公男氏に師事。

COLORFULプロフィール

2008年 第五回クラリネットアンサンブルコンクール第一位。(日本クラリネット協会主催)ホール、ライブハウス、パーティー会場、イベントなど、年間70本を越える公演を行っています。クラシックだけでなく、ジャズ、ポップス、童謡など、幅広いレパートリーがあり、中学校・高校の吹奏楽部での出張レッスンも積極的に行っている。

ステップアップコース

小倉清澄

プロフィール

1984年 東京芸術音楽大学音楽部器楽科卒業。第2回ヤマハ新人演奏会に出演。1985年1月より東京佼成ウインドオーケストラの団員となる。全国各地でリサイタルを行ない、東京駅コンサート、NHK-FMにも出演。ソロCD「オフィーリア」、「三つの伝説」、「クラリネット・パラフレーズ」、「クラリネットのためのカラオケCD」を発売。

委託CDとして磯崎淳博氏作曲、「予祝歌」、長生淳氏作曲、「オフィーリア」、「萬情の鳥」がある。

東京クラリネットアンサンブルのメンバーとしても10枚のCドォリリースしている。現在、東京佼成ウインドオーケストラ クラリネット奏者、くらしき作陽大学非常勤講師、東京クラリネットアンサンブルメンバー、東京セレーノクラリネットオーケストラコンサートマスター、クラリネットを藤井一男、故大橋幸夫、故三島勝輔の各氏に師事。