目白駅から徒歩2分の音楽教室

大山 日出男

大山 日出男
1956年、福岡県博多に生まれる。11歳のころよりクラリネットを始め、15歳でアルトサックスに転向。 東京芸術大学サキソフォン科を卒業後、ビッグバンドを中心に活動を開始。82年渡米。ニューヨークにてジャズの研鑽を積む。帰国後、原信夫とシャープス・アンド・フラッツのリードアルトとして活躍するがソロ活動に専心するため89年退団。数々の名プレイヤーと競演するかたわら自己のカルテットを率いて都内、横浜などのライブハウスで演奏する。92年ジャズヤトラ、95年コンコードジャズフェスティバルに参加。また97年から2001年にかけて7回の韓国ツアーを成功させる。98年『アーバン・スィート』、2000年『ワンス・アイ・ラブド』、2001年『アジアン・モダニズム』、2002年『シルバー・ロード』、2005年『ソウル・アイズ』、2007年『大山日出男カルテット』の6枚のリーダーアルバムをリリース。最近では自己のカルテットのほか、大山日出男セクステット、サックス本舗、高瀬龍一セクステット、マイク・プライス・ビッグバンド、原田イサムカルテット等でも演奏中。また古巣のシャープス・アンド・フラッツにも参加し、多くのステージをこなしている。